中国外相、ロシアの主張に理解 英仏EUと会談

中国の王毅国務委員兼外相(AP=共同)
中国の王毅国務委員兼外相(AP=共同)

【北京=三塚聖平】中国の王毅(おう・き)国務委員兼外相は25日、英国のトラス外相、欧州連合(EU)のボレル外交安全保障上級代表、フランス大統領の外交補佐官ボンヌ氏と個別に電話会談し、ウクライナ問題について協議した。王氏は「国連安全保障理事会の行動は緊張した情勢に火に油を注ぐものであってはならない」と述べ、国連による制裁や軍事行動に否定的な考えを示した。

中国外務省が26日に発表した。王氏はロシアの軍事侵攻を受けて緊迫するウクライナ情勢について「現在の状況はわれわれが望まないものだ」と述べ、関係各国に「自制」と外交による解決を求めた。

一方、北大西洋条約機構(NATO)の東方不拡大の確約を求めるロシアの立場を念頭に、「地域の安全を軍事集団の強化、拡大によって保障することはできない」と主張。「ロシアの安全保障面の正当な訴えは当然重視され、適切に解決されるべきだ」と述べ、ロシア側に理解を示した。

同時に、各国の主権と領土保全を尊重するという中国の立場について、「一貫した明確なものであり、ウクライナ問題でも同様に適用される」と明言した。

会員限定記事会員サービス詳細