米ミサイル駆逐艦、台湾海峡を通過

米海軍第7艦隊(神奈川県横須賀市)は26日、ミサイル駆逐艦ラルフ・ジョンソンが台湾海峡を現地時間同日に通過したと発表した。

第7艦隊は声明で、台湾海峡通過について「自由で開かれたインド太平洋に対する米国の関与を示すものだ」と指摘。「米軍は国際法が許す限り、どこでも飛行、航行、活動する」と強調した。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細