ポーランドがロシアと対戦拒否 サッカーW杯予選

ポーランドに向かうウクライナ側の検問所の近くには長い車列ができていた=24日(佐藤貴生撮影)
ポーランドに向かうウクライナ側の検問所の近くには長い車列ができていた=24日(佐藤貴生撮影)

ポーランド・サッカー協会のクレシャ会長は26日、ロシアのウクライナ侵攻を受けて3月24日に予定されているワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフでロシアとの対戦を拒否する意向を示した。ツイッターに「言葉ではなく行動で示すしかない。これ以外に方法はない」などとつづった。

エースFWのレバンドフスキ(バイエルン・ミュンヘン)は同会長のツイートを引用し「これが正しい決断だ。ロシアの選手やファンに責任はないが、何も見ないふりをするわけにはいかない」と賛同した。

24日には同じくロシアと当たる可能性のあるスウェーデン、チェコの協会と連名で開催地の変更を求めていた。今後3協会で協議して国際サッカー連盟(FIFA)に改めて立場を示すという。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細