G7首脳会議、声明発表「最も強い言葉で非難」 対露追加制裁へ

ロシア軍のウクライナ侵攻をめぐりG7首脳のテレビ会議に臨む岸田首相=24日夜、首相官邸(内閣広報室提供)
ロシア軍のウクライナ侵攻をめぐりG7首脳のテレビ会議に臨む岸田首相=24日夜、首相官邸(内閣広報室提供)

先進7カ国(G7)は24日、テレビ首脳会議を開き、ロシアの大規模なウクライナ侵攻に対し、「可能な限り、最も強い言葉で非難する」とする声明を発表した。ロシアに対し、経済、金融分野で追加制裁を行う方針を示した。

声明は、今回の危機は「法の支配に基づく国際秩序への深刻な脅威であり、その影響は欧州を超えて広がる」と懸念を表明し、武力による国境の変更は正当化できないと主張した。

「プーチン露大統領は欧州大陸に再び戦争をもたらした。間違った歴史の側にいる」と批判。ウクライナからの部隊の即時撤収を求めた。ウクライナ侵攻には、ベラルーシも関与していると指摘した。

声明はまた、ウクライナへの連帯を表明し、人道支援を行う用意があると表明。北大西洋条約機構(NATO)や欧州連合(EU)と連携し、法の支配に基づく国際社会の秩序を守る姿勢を示した。ロシアがエネルギー輸出国であることを踏まえ、G7が石油やガス市場の動向を監視し、供給が途切れた場合には、必要な対策をとる用意があるとした。(パリ 三井美奈)

会員限定記事会員サービス詳細