フォト特集

「誰に助けを求めれば…」 首都キエフ、住民に不安や絶望

25日、ウクライナの首都キエフで、砲弾を受けた自宅脇に立つ女性(AP=共同)
25日、ウクライナの首都キエフで、砲弾を受けた自宅脇に立つ女性(AP=共同)

ロシアによるウクライナ侵攻から2日目を迎えた25日、ロシア軍部隊が首都キエフに迫った。「誰に助けを求めれば…」。住民には先行きへの不安や絶望が広がった。キエフ当局は住民に自宅にとどまり、すぐ避難できるよう呼び掛けたが、多くの人がシェルター代わりの地下鉄駅に殺到した。

キエフでは25日の夜明けも爆発音と空襲警報が鳴り響いた。キエフの地下鉄の駅には寝袋や食料を持参した子連れの住民らが24日から避難し、階段やホームの隅に座り込んで一夜を明かした。(共同)

24日、ウクライナの首都キエフで、地下鉄駅に逃げ込んだ人々(ゲッティ=共同)
24日、ウクライナの首都キエフで、地下鉄駅に逃げ込んだ人々(ゲッティ=共同)
24日、ウクライナの首都キエフのバス停で、妻子との別れを惜しむ男性(AP=共同)
24日、ウクライナの首都キエフのバス停で、妻子との別れを惜しむ男性(AP=共同)
25日、キエフの防空壕に集まった人々(ロイター=共同)
25日、キエフの防空壕に集まった人々(ロイター=共同)
25日、人や車の通りがほとんどないウクライナの首都キエフ中心部(ロイター=共同)
25日、人や車の通りがほとんどないウクライナの首都キエフ中心部(ロイター=共同)
25日、ウクライナの首都キエフ郊外で消火活動をする消防隊員ら(ウクライナ政府提供・ゲッティ=共同)
25日、ウクライナの首都キエフ郊外で消火活動をする消防隊員ら(ウクライナ政府提供・ゲッティ=共同)
25日、ウクライナの首都キエフで、ロシア軍による大規模軍事作戦で損傷した住宅(ロイター=共同)
25日、ウクライナの首都キエフで、ロシア軍による大規模軍事作戦で損傷した住宅(ロイター=共同)
24日、ウクライナ・キエフにある国防省施設から立ち上る黒煙(ロイター=共同)
24日、ウクライナ・キエフにある国防省施設から立ち上る黒煙(ロイター=共同)


会員限定記事会員サービス詳細