ロシア軍、ウクライナ首都に迫る 137人死亡、10万人避難

24日、ウクライナの首都キエフの地下シェルターで、娘を抱く女性(AP)
24日、ウクライナの首都キエフの地下シェルターで、娘を抱く女性(AP)

米CNNテレビは24日、ウクライナ北方のベラルーシから侵攻してきたロシア軍部隊が首都キエフまで約32キロに迫っていると報じた。米当局者が議員らに説明した情報で、別部隊と共に首都を包囲する目的という。

バイデン米大統領は24日、ホワイトハウスで演説し、プーチン大統領を「侵略者だ」と非難した。ウクライナのゼレンスキー大統領は総動員令をかけ、同国人137人が死亡し、316人が負傷したと述べた。

ロシア軍はウクライナに3方向から侵攻、支配地を広げた。キエフ北郊でウクライナ政府軍との交戦が続いている。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)は、ウクライナで住宅を追われた避難民は10万人に上るとの推計を明らかにした。数千人が隣国に逃れたという。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細