「ウクライナ人に謝りたい」 ロシア各地で反戦デモ 1700人超拘束

露サンクトペテルブルクで警察当局に取り押さえられるデモ参加者。同地やモスクワで木曜、ウクライナへの攻撃に対するデモが行われ、多くの参加者が拘束された。他の地域でもデモ参加者が逮捕されている=24日(AP)
露サンクトペテルブルクで警察当局に取り押さえられるデモ参加者。同地やモスクワで木曜、ウクライナへの攻撃に対するデモが行われ、多くの参加者が拘束された。他の地域でもデモ参加者が逮捕されている=24日(AP)

ロシアによるウクライナ侵攻への抗議活動が24日、首都モスクワなどロシア各地で行われた。露人権監視団体によると、24日夜(日本時間25日未明)時点で、モスクワで少なくとも956人が治安当局に拘束されたほか、全国44都市で1745人以上の拘束が確認された。

抗議活動に参加した20代の女性会社員は「ウクライナ人の前に立つのが恥ずかしい。謝りたい」と話し、「経済制裁、国際的孤立…。ロシアはこれで終わりだと思う」と話した。

30代の男性会社員は「なぜクレムリン(露大統領府)の誰もプーチン(大統領)を止めないのか。ウクライナとの戦争はロシアの民意ではない」と憤った。

露SNS(会員制交流サイト)上でも議論が起きた。「やった! 早く(ウクライナ政府の)迫害から人々を救い出すべきだ」など侵攻を称賛する声は少数で、「プーチンは戦争犯罪者として処罰されるべきだ」「独裁者はいつも『生存圏』や『自国民保護』という美名の下で戦争を始める。どんな言葉も戦争を正当化できない」「国家的恥辱だ!」など否定的なコメントが多数見られた。(モスクワ 小野田雄一)

会員限定記事会員サービス詳細