太陽光発電融資詐欺、元専務に有罪判決 「虚偽に虚偽重ねた」

東京地方裁判所が入る合同庁舎=東京都千代田区霞が関
東京地方裁判所が入る合同庁舎=東京都千代田区霞が関

発電事業の開発費用と偽り金融機関から融資金約7億5800万円をだまし取ったとして、詐欺罪に問われた太陽光発電関連会社「テクノシステム」元専務執行役員、近藤克朋被告(54)の判決公判が24日、東京地裁で開かれた。向井香津子裁判長は「会社ぐるみで虚偽に虚偽を重ねた組織的な犯行で、非常に悪質」として懲役3年、執行猶予5年(求刑懲役4年)を言い渡した。

判決理由で向井裁判長は、ワンマン経営者だった社長の生田尚之被告(48)=詐欺罪などで起訴=から直接指示を受け、部下に虚偽の見積書を多数作成させるなど、テクノ社の粉飾決算に深く関わっていたと指摘。弁護側は、被告が同社の資金繰り状況を把握していなかったと主張していたが「資金繰りに窮していることを認識しながら犯行に至った」と退けた。

一方で、犯行当時は専務執行役員という役職にあったものの、経営に関する権限や裁量は一切なかったと認定。「共犯者の意向に逆らえる立場にはなく、犯行で利益や報酬を受領することもなかった」として、執行猶予付きの判決とした。

会員限定記事会員サービス詳細