東証、続落で始まる ウクライナ情勢への警戒強く

東京証券取引所=東京都中央区
東京証券取引所=東京都中央区

24日午前の東京株式市場で日経平均株価は続落して始まった。始値は、祝日前の22日終値比168円26円安の2万6281円35銭。

ウクライナをめぐって非常事態宣言の発令方針やサイバー攻撃など、情勢が一段と緊迫化していることを受け、投資家がリスクを避ける姿勢を強め、売り注文が先行している。下げ幅は一時200円を超えた。

会員限定記事会員サービス詳細