玉木氏「共産関係明確に」 参院選連携で立民に注文

国民民主党の玉木雄一郎代表
国民民主党の玉木雄一郎代表

国民民主党の玉木雄一郎代表は24日のラジオ番組で、夏の参院選に向けた野党連携をめぐり、立憲民主党の対応に注文を付けた。「われわれは対話にオープンだが、共産党との関係がいまだに明確にならない」と指摘。「日本維新の会も含めて一つにまとめる絵を野党第1党が描かないと、付き合う意味がない」と述べた。

連合も共産との関係明確化を求めていると強調。同時に、国民と共産は外交・安全保障やエネルギー政策で隔たりがあり、連携は困難との認識を示した。

令和4年度予算案に国民が賛成したことについて「支援団体や経営者は産業構造の変革の中で必死だ。永田町の対立に巻き込まれず、一つでも政策を実現していかないと、われわれ自身が持たない」と語った。

会員限定記事会員サービス詳細