動画

集団リンチ 懲役20年の元兵士 元連合赤軍・植垣康博さん ロングインタビュー

殺害された連合赤軍メンバーの遺体が埋められていた群馬県倉渕村(現高崎市)の現場 =1972年3月
殺害された連合赤軍メンバーの遺体が埋められていた群馬県倉渕村(現高崎市)の現場 =1972年3月

過激派組織「連合赤軍」の元兵士、植垣康博さん(73)は昭和47年2月19日朝、3人の仲間と長野県の軽井沢駅で逮捕された。直前に別れた5人はあさま山荘に立てこもった。大学では岩石や地質に興味を持ち、合唱を楽しむ学生だった。山に集まったのは同じように「革命」を夢見る若者たちだった。あさま山荘事件の後に発覚した集団リンチ殺人。被害者と加害者へ分かれた運命の分岐点はどこにあったのか。植垣は1枚の絵を見つめる。

事件から50年、植垣康博さんにロングインタビューした。(動画内の字幕は一部、敬称・略称略)

【あさま山荘50年の証言】連赤事件と対峙し生きていく 元連合赤軍兵士 植垣康博さん(73)

会員限定記事会員サービス詳細