トランプ氏、露大統領を称賛 独立承認「天才的」

トランプ前米大統領(AP=共同)
トランプ前米大統領(AP=共同)

トランプ前米大統領は22日、ロシアのプーチン大統領によるウクライナ東部の親ロシア派地域の「独立」承認を「天才的だ」と米ラジオ番組で称賛した。同地域へのロシア軍派兵も「最強の平和維持軍になる」と語った。米紙ワシントン・ポストが伝えた。

トランプ氏は、プーチン氏がウクライナに攻め入って平和を保つと述べ「とても抜け目がない男だ」と指摘。自分が米大統領であれば侵攻の動きは「起きなかった」と主張した。これに対し、サキ米大統領報道官は22日の記者会見で「プーチン氏や彼の軍事戦略を称賛する者の助言は聞かないようにしている」と切り捨てた。

トランプ氏は2018年にプーチン氏と首脳会談を行った後、16年米大統領選でのロシア疑惑をめぐってプーチン氏に肩入れするような発言をするなどして、たびたび融和的だと批判されている。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細