林外相「断じて受け入れられず」 在中国大使館員拘束

林芳正外務相(矢島康弘撮影)
林芳正外務相(矢島康弘撮影)

林芳正外相は22日、在中国日本大使館の職員が21日に中国当局により一時的に拘束されたことについて「外交関係に関するウィーン条約の明白な違反であり、到底看過できず、断じて受け入れられない」と述べた。外務省で記者団の質問に答えた。

林氏はまた、垂秀夫駐中国大使が中国の呉江浩外務次官補に対し、厳重な抗議を行うとともに謝罪と再発防止を強く求めたことを明らかにした。大使館員拘束をめぐっては、森健良事務次官も22日に楊宇駐日中国大使館臨時代理大使に対し、同様の抗議を行っている。

会員限定記事会員サービス詳細