天皇陛下「国民の幸せ」願われる 皇居で誕生日の祝賀行事

62歳の誕生日を迎え、岸田首相(中央)からお祝いのあいさつを受けられる天皇陛下と皇后さま=23日午前、宮殿・松の間(代表撮影)
62歳の誕生日を迎え、岸田首相(中央)からお祝いのあいさつを受けられる天皇陛下と皇后さま=23日午前、宮殿・松の間(代表撮影)

23日に62歳の誕生日を迎えた天皇陛下は同日、皇居・宮殿で祝賀行事に臨まれた。昨年同様、新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、天皇誕生日の一般参賀は実施せず、祝賀行事も参列の人数を絞るなど規模を縮小して行われた。

陛下は同日午前、宮殿「松の間」で、皇族方を代表して参列された秋篠宮ご夫妻からお祝いをお受けに。その後、皇后さまとともに、岸田文雄首相らから祝賀を受けられた。岸田首相が「国民一同を代表し、心からお祝いを申し上げます」と述べると、陛下は感謝を伝え、「この機会に国民の幸せと国の発展を願うとともに、友好各国の元首のご健勝と国民の幸せを願います」と言葉をかけられた。

天皇、皇后両陛下が各界の関係者らを招いて開く祝宴「宴会の儀」と、駐日大使らと懇談される「茶会の儀」は実施を見送った。

会員限定記事会員サービス詳細