プーチン氏、ウクライナ東部親露派の独立を承認 大統領令に署名

ロシアのプーチン大統領は21日、モスクワのクレムリンで、ウクライナ東部ドンバス地域の一部を実効支配する親ロシア派「ドネツク人民共和国」と「ルガンスク人民共和国」の独立を承認する大統領令に署名した。直後に、待機していた二つの「共和国」トップ2人と共に、両地域とロシアとの友好相互援助条約に調印した。

プーチン氏はこれに先立つテレビ演説で、米国主導の軍事同盟、北大西洋条約機構(NATO)にウクライナが加盟すれば「ロシアへの直接の脅威となる」と指摘。NATOの東方不拡大を条約で確約するよう求めたロシア提案を「無視した」と欧米の対応を批判し、経済制裁はロシアの発展阻害が狙いでウクライナ情勢は口実にすぎないと非難した。

ロシア大統領府によると、プーチン氏は演説前にフランスのマクロン大統領、ドイツのショルツ首相と個別に電話会談し、親ロ派独立承認を決断したことを伝達した。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細