有機農業に認定制度、税軽減へ 法案を閣議決定、環境配慮推進

首相官邸=東京都千代田区
首相官邸=東京都千代田区

政府は22日、環境に配慮した農林水産業の推進を目指し、「みどりの食料システム法案」を閣議決定した。化学農薬を使わない有機農業に取り組む生産者や、環境負荷が少ない技術開発を進める食品事業者の認定制度を創設し、税金を軽減するなどして支援することが柱。農林水産分野の生産性向上も掲げた。開会中の通常国会で成立させ、年内に施行したい考えだ。

農林水産省は昨年5月に「みどりの食料システム戦略」をまとめ、農林水産分野の二酸化炭素(CO2)排出量ゼロや化学農薬使用量の半減を2050(令和32)年までに達成する目標として掲げた。今後予想される国際基準づくりも見据え、新法で環境対応を急ぐ。

国が示す基本方針に沿い、都道府県と市町村が共同で基本計画を作成する。農林漁業者が計画に合った取り組みを自治体に申請し、認められれば、機械や施設を導入する際、所得税や法人税が軽減され、資金の返済期間が延長される。

会員限定記事会員サービス詳細