中国、日本大使館員を一時拘束 外務次官が謝罪要求

外務省=東京都千代田区(鴨川一也撮影)
外務省=東京都千代田区(鴨川一也撮影)

外務省は22日、在中国日本大使館の職員が21日に中国当局により一時的に拘束されたと発表した。森健良事務次官は22日、楊宇駐日中国大使館臨時代理大使に対し、外交関係に関するウィーン条約の明白な違反だとして厳重な抗議をするとともに謝罪を要求。再発防止策も強く求めた。

ウィーン条約では事務・技術職員を含む外交官の不逮捕特権や大使館の不可侵権などを認めている。

>>大使館員は業務中拘束 中国臨時代理大使は謝罪せず

中国「抗議受け入れない」と反発  日本大使館職員拘束

会員限定記事会員サービス詳細