金価格、連日で最高値 1グラム7791円

地金大手の田中貴金属工業(東京)は22日、金を1グラム当たり前日より1円値上げし7791円で販売すると決め、小売価格として2日連続で過去最高を更新した。金は有事の安全資産とされ、ウクライナ情勢の緊迫で値上がり傾向だ。同社は世界の金融市場や金の需給動向に合わせ、営業日ごとに消費税などを含めて国内価格を設ける。

日本取引所グループ(JPX)傘下の大阪取引所の金先物も同日、指標価格が一時7040円に上昇し、取引時間中の過去最高値に迫った。

先物は消費税などを含まない価格で売買されるため、小売価格より安い水準となる。

会員限定記事会員サービス詳細