1月のスーパー売上高4・0%増 食料品が順調

日本チェーンストア協会が22日発表した1月の全国スーパー売上高は、既存店ベースで前年同月比4・0%増となり、5カ月連続で前年実績を上回った。一方、食料品の割合が多い全国スーパーマーケット協会など業界3団体が同日発表した1月の全国食品スーパー売上高は、既存店ベースで前年同月比2・1%減となった。巣ごもり需要により売り上げを大きく伸ばした前年の反動で、3カ月連続の前年割れとなった。

会員限定記事会員サービス詳細