クレベリン増産裏目で赤字 大幸薬品「コロナ需要読み違えた」

「クレベリン」のシリーズ商品
「クレベリン」のシリーズ商品

大幸薬品の柴田高社長は22日、最終損益が95億円の赤字となった令和3年12月期連結決算についてオンラインで説明会見を開き、空間除菌をうたった主力製品「クレベリン」で積極的な増産体制を敷いたことが裏目に出たとし、「新型コロナウイルス禍の需要を読み間違えた」と語った。その上で、もう一つの主力製品である胃腸薬「正露丸」の販売強化など事業戦略を再構築する考えを示した。

18日に発表した決算は、最高益を更新した前年から一転し、過去最大の最終赤字となった。コロナ禍でクレベリンが売れたため増産に踏み切ったが、効果が疑問視され需要が急減。大量の在庫を抱え、新工場は3年4月から稼働停止に追い込まれている。

柴田社長は「『欠品を許さない』という方針を社員がまともに受け止めてしまった。世間の需要と予測に大幅な乖離(かいり)があるのに社長の自分が読み間違えた」と言及。クレベリン増産について、「コロナという人類の天敵と戦う夢を描いたが、そういうものではなかった」と反省を述べた。

消費者庁が今年1月、クレベリン関連の4商品に関して広告に根拠がないと改善を求める措置命令を出したことにも触れ、「事業拡大による固定費の増加、市場変化に対する社内体制の遅れ、おまけに措置命令というトリプルパンチを受け、過去にない危機に瀕(ひん)している」と語った。

巻き返しに向け、正露丸の販売を強化するほか、クレベリンのイメージ回復にも努める。

会員限定記事会員サービス詳細