国民・玉木代表、所属議員が予算案反対なら「党規に従い対応」

記者会見する国民民主党の玉木代表=22日午前、国会
記者会見する国民民主党の玉木代表=22日午前、国会

国民民主党の玉木雄一郎代表は22日の記者会見で、令和4年度予算案への賛成方針をめぐり、所属議員が衆院本会議採決で反対した場合の対応について「組織の決定に従うのは所属議員の責務だ。党規に従って対応する」と述べた。予算案に賛成する方針を決めた21日の党臨時両院議員総会では、前原誠司代表代行が予算案への反対を主張している。

玉木氏は国民の立ち位置をめぐり「入閣もしておらず、明確に野党だが、どのように映るかは国民の判断に委ねたい」と説明した。

会員限定記事会員サービス詳細