オミクロン株で休校相次ぎ…3学期の小学校給食を無償化 大阪・東大阪市

大阪府東大阪市は21日、市立小学校の3学期(1~3月)の給食を無償化すると発表した。新型コロナウイルスのオミクロン株による学校の臨時休校や学級閉鎖が相次いでいるためで、コロナ以降の無償化は3度目。

市によると、対象児童は約2万1200人。市は3月議会に提案する補正予算案に関連事業費約1億9500万円を計上する。

会員限定記事会員サービス詳細