羽生らが華麗な舞い 転んだ「ビンドゥンドゥン」に救いの手も フィギュア・エキシビション

フィギュアスケート・エキシビション スケートをはいて登場し、転倒した大会マスコットの「ビンドゥンドゥン」を助け起こそうとする羽生結弦=20日、首都体育館(桐原正道撮影)
フィギュアスケート・エキシビション スケートをはいて登場し、転倒した大会マスコットの「ビンドゥンドゥン」を助け起こそうとする羽生結弦=20日、首都体育館(桐原正道撮影)

北京五輪フィギュアスケートのエキシビションが20日、行われ、日本勢は男子で4位の羽生結弦、銀メダルの鍵山優真、銅メダルの宇野昌磨、女子で銅メダルの坂本花織、5位の樋口新葉らが出演。羽生は松任谷由実さんの「春よ、来い」のピアノの旋律に乗って華麗に舞った。

ギャラリーページで見る

鍵山はMISIA(ミーシャ)さんの「明日へ」を披露。マイケル・ジャクソンさんの音楽を使った宇野は「ムーンウオーク」など巧みなステップで魅了した。坂本は「タンゴ・アモーレ」を情熱的に演じた。

ギャラリーページで見る

フィナーレでは選手が勢ぞろいし、会場を盛り上げた。大会マスコットの「ビンドゥンドゥン」もスケートをはいてリンクに登場したが、転倒。丸い体のためか、立ち上がれないままでいると、羽生らがいち早く駆け付け、助け起こした。

五輪はこの日の夜、北京市の国家体育場(通称「鳥の巣」)で閉会式が行われ、17日間の祭典が幕を閉じる。

ギャラリーページで見る
ギャラリーページで見る
ギャラリーページで見る

競技一覧

北京五輪ランキング

最新のランキングデータの取得に失敗しました。
しばらく経ってから再表示してください。

会員限定記事会員サービス詳細