エリザベス英女王が新型コロナ感染 軽い風邪のような症状

エリザベス女王(ゲッティ=共同)
エリザベス女王(ゲッティ=共同)

【ロンドン=板東和正】英BBC放送は20日、英王室のエリザベス女王(95)が新型コロナウイルスの検査で陽性だったと報じた。BBCなどによると、女王は「軽い風邪のような症状」で、軽い公務を続けるという。

女王は6日、即位から70年を迎えたばかり。在位期間が歴代最長の英国君主として世界の敬愛を集めてきた存在で、今後の健康状態が懸念される。

王室では、10日に女王の長男、チャールズ皇太子(73)が新型コロナに感染したことが発覚。女王は皇太子と8日に面会したと報じられており、感染の恐れが懸念されていた。

王室では、皇太子の妻、カミラ夫人(74)の感染も判明している。

会員限定記事会員サービス詳細