サッカー通信

川崎3連覇のカギ握るか 〝タイのメッシ〟チャナティップ「子供たちに夢を」

一方、川崎のデビュー戦となった12日の富士フイルム・スーパーカップは、不慣れな1列目の左サイドで苦戦した。複数タイトルを狙う上で、過密日程でどう選手をやりくりして戦い抜くかが課題になる。今後は、旗手のように複数ポジションを高いレベルでこなすことが求められるだろう。

現在J1に在籍するタイ人選手はチャナティップだけ。国際サッカー連盟(FIFA)ランキングは日本の23位に対し、タイは112位。ワールドカップ(W杯)出場には程遠いのが実情だ。アジアトップクラスの実力を誇るJリーグのチャンピオンチームで結果を出せば、おのずと母国のサッカー熱が高まることは理解している。

「自分が活躍すればファンを元気づけることも、プロを目指す子供たちの目標にもなれると思っている。今、僕は夢みたいな舞台に立っている。子供たちにも夢を与えたい」

3連覇だけではない。母国の未来も背負って、28歳は戦う。(運動部 川峯千尋)

会員限定記事会員サービス詳細