カナダ首都デモ排除開始 コロナ規制、70人拘束

カナダ警察当局は18日、新型コロナウイルス対策の規制に抗議し1月下旬から首都オタワ中心部を占拠していたデモ隊の排除に乗り出した。オタワ市警幹部は記者会見で、同日だけでデモ参加者のうち「70人を拘束した」と明らかにした。

トルドー首相が今月14日に国家非常事態法を発動。警察当局は17日からデモ隊の中心人物を次々と拘束しているが、市警幹部は「デモ隊に負傷者は出ていない」と語った。排除完了には「時間がかかる」と述べ、慎重に進める姿勢を示した。

デモは1月下旬、米国境を越える車両の運転手に対するワクチン接種義務への抗議として始まった。大型車両などがオタワ中心部の道路を占拠し、抗議の矛先は新型コロナ対策の規制全般に拡大した。一時は東部オンタリオ州ウィンザーと米デトロイトを結ぶ橋を遮断、米国や日本の自動車会社の工場が操業停止や減産に追い込まれた。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細