フィギュア ペア初の8位入賞狙う三浦、木原組

18日に行われたフィギュアスケートペアSPで演技する三浦璃来(左)、木原龍一組=首都体育館(彦野公太朗撮影)
18日に行われたフィギュアスケートペアSPで演技する三浦璃来(左)、木原龍一組=首都体育館(彦野公太朗撮影)

北京冬季五輪大会第16日の19日、フィギュアスケートのペアはフリーを行い、ショートプログラム(SP)8位の三浦璃来、木原龍一組(木下グループ)が出場し、ペアの日本勢で初となる8位入賞を目指す。滑走順は9番目。

4日の団体フリーで2位となり、日本の銅メダル獲得に貢献した三浦、木原組。18日に行われたSPでは、ジャンプにミスが出て70・85点にとどまった。

結成3季目の今季は、グランプリシリーズのスケートアメリカで2位、NHK杯で3位と2大会連続で表彰台に上っている。

競技一覧

会員限定記事会員サービス詳細