全方位ch

ビッグボスのキャンプ中継は大当たり

子供たちに帽子をプレゼントする日本ハム・新庄剛志監督(左)=沖縄県名護市(撮影・三浦幸太郎)
子供たちに帽子をプレゼントする日本ハム・新庄剛志監督(左)=沖縄県名護市(撮影・三浦幸太郎)

「BIGBOSS(ビッグボス)」こと新庄剛志監督の就任で話題を集めるプロ野球北海道日本ハムファイターズの沖縄キャンプに行ってきた。新型コロナウイルス禍により、球場での練習見学は事前予約制で、取材できる報道陣の人数制限もあったが、なかなかの盛況ぶりだった。

スタンドのファンにポーズをとる日本ハム・新庄剛志監督=沖縄県宜野座村 (撮影・三浦幸太郎)
スタンドのファンにポーズをとる日本ハム・新庄剛志監督=沖縄県宜野座村 (撮影・三浦幸太郎)

わざわざ札幌からフェリーで運んできたイタリアの高級外車「ランボルギーニ ウルス」に三輪オートバイ「ゴードン」、真っ赤な電動キックボード…。新庄監督が奇抜な乗り物で球場に登場する場面を待ち構えるところから、一日の取材がスタートする。その後は、新庄監督がメイングラウンドで野手に声をかければ、一語一句を漏らさないようにメモをとり、投手陣を指導するために隣接するブルペンに移動すれば、金魚のふんのように付いていく。故野村克也氏が阪神タイガースの監督に就任した約四半世紀前も同じような感じだったが、指揮官の一挙手一投足をずっと追い続ける毎日だった。

三輪オートバイで2軍の球場に登場した日本ハムの新庄剛志新監督=沖縄県国頭村
三輪オートバイで2軍の球場に登場した日本ハムの新庄剛志新監督=沖縄県国頭村

キャンプ取材の〝いろは〟は今も昔も変わらないが、ファンには大きな違いがある。それは、インターネットやCSのスポーツ専門チャンネルで練習のライブ中継が視聴できるようになったこと。ちなみに、今回の日本ハムのキャンプは「GAORA SPORTS」が放送。沖縄のキャンプ地に行けないファンも視聴契約すれば、お茶の間で練習の様子をこと細かく知ることができる。「GAORA SPORTS」側も新庄監督を徹底マークする「BIGBOSSカメラ」を設けるなどの趣向を凝らしている。

電動キックボードで球場に向かう日本ハム・新庄剛志監督=沖縄県名護市 (撮影・三浦幸太郎)
電動キックボードで球場に向かう日本ハム・新庄剛志監督=沖縄県名護市 (撮影・三浦幸太郎)
球場に到着した日本ハム・新庄剛志監督=宜野座村野球場(撮影・松永渉平)
球場に到着した日本ハム・新庄剛志監督=宜野座村野球場(撮影・松永渉平)

阪神タイガースは「スカイ・エー」、オリックス・バファローズは「J SPORTS」と、球団によって中継するチャンネルは異なる。日本ハムを受け持つ「GAORA SPORTS」は大当たりを引き当てた感じだろう。それぞれのチャンネルには専属の解説者もおり、彼らにとっても中継は腕の見せどころ。ともあれ、スポーツ専門チャンネルのコンテンツ獲得競争は今後、ますます激しくなる気がする。(信)

会員限定記事会員サービス詳細