商船三井、自動車船で出火 ポルシェなど4千台積み漂流

ポルトガル沖を航行中、出火した自動車運搬船「フェリシティ・エース」(ポルトガル海軍提供、ロイター=共同)
ポルトガル沖を航行中、出火した自動車運搬船「フェリシティ・エース」(ポルトガル海軍提供、ロイター=共同)

商船三井は19日までに、同社が運航する自動車運搬船「フェリシティ・エース」がポルトガル沖を航行中、船内で出火したと発表した。乗組員22人は無事で、近くの島に全員避難した。消火活動が続く中、船は大西洋を漂流しているという。積み荷はポルシェを含め、ドイツのフォルクスワーゲン(VW)グループの高級車など約4千台に上る。

商船三井によると、ドイツから米国に向けて航行中の現地時間16日に出火。油の流出は確認されておらず、ポルトガル海軍が派遣した巡視船が監視しているという。乗組員はポルトガルのアゾレス諸島にヘリコプターで搬送された。出火原因は分かっていない。

商船三井などは海難対策チームを設置した。広報担当者は「現地の関係当局と連携して対応に当たる」と話した。(共同)


会員限定記事会員サービス詳細