三浦、木原組入賞確定 大舞台で自己ベスト フィギュア・ペア

フィギュアスケートのペアの三浦璃来、木原龍一組のフリーの演技=19日、首都体育館(彦野公太朗撮影)
フィギュアスケートのペアの三浦璃来、木原龍一組のフリーの演技=19日、首都体育館(彦野公太朗撮影)

北京冬季五輪大会第16日の19日、フィギュアスケートのペアはフリーを行い、ショートプログラム(SP)8位の三浦璃来、木原龍一組(木下グループ)は141・04で、SPとの合計211・89点だった。ペアの日本勢としては初の8位入賞も確定。過去の日本勢の最高順位は1992年アルベールビル大会の14位。

9番目に登場した三浦、木原組。最後までスピードが落ちることなく、息のあった演技を次々と披露した。スロー3回転ルッツは流れるような着氷をみせた。木原を軸に三浦が円を描くデススパイラルは息があっており、最後までミスなく終えた。フリーの得点、SPとの合計点はいずれも自己ベストだった。

18日に行われたSPでは、3回転トーループで三浦が2回転になるミスはあったが、演技後半は建て直し、ミスを最小限に抑えた。

競技一覧

会員限定記事会員サービス詳細