ロッテの佐々木朗、163キロ 初実戦でプロ最速

【プロ野球練習試合日本ハム対千葉ロッテ】千葉ロッテ先発・佐々木朗希=タピックスタジアム名護(撮影・中島信生)
【プロ野球練習試合日本ハム対千葉ロッテ】千葉ロッテ先発・佐々木朗希=タピックスタジアム名護(撮影・中島信生)

ロッテの佐々木朗が19日、沖縄県名護市のタピックスタジアム名護で行われた日本ハムとの練習試合で先発し、プロ入り後最速となる163キロをマークした。今季の実戦初登板で2回2安打無失点と順調さを示し「数字は別として、球自体はよかった」とうなずいた。

一回は「細かい制球は気にせず、どんどんストライクゾーンで攻めていこう」と全て直球で勝負した。先頭打者の清水への初球にいきなり161キロをマークし、バットをへし折って遊ゴロに打ち取ると、今川を159キロで押し二飛に。続く細川には安打を許したが、4球目に162キロ、5球目に163キロを出した。

二回は万波を148キロの外角スライダーで空振り三振に仕留めるなど変化球の感覚を確かめた。まだ開幕まで1カ月以上あるキャンプ中盤での快投に、井口監督は「今の段階では順調に来ている」と目を細めた。

会員限定記事会員サービス詳細