皇室ウイークリー

(731)悠仁さま、ご進学先の高校決まる 久子さま、女性作家の書展ご鑑賞

「第53回現代女流書100人展」を鑑賞される高円宮妃久子さま=16日午前、東京都中央区の日本橋高島屋
「第53回現代女流書100人展」を鑑賞される高円宮妃久子さま=16日午前、東京都中央区の日本橋高島屋

新型コロナウイルスに感染し、東大病院(文京区)に入院していた三笠宮家の瑶子さまが16日、同病院を退院された。症状が改善したことから、医師の判断でお住まいのある赤坂御用地(港区)に戻られた。今後は当面、お住まいで休養される。

高円宮妃久子さまは16日、日本橋高島屋(中央区)を訪問し、日本を代表する女性書家の新作を集めた「第53回現代女流書100人展」を鑑賞された。

「第53回現代女流書100人展」を鑑賞される高円宮妃久子さま=16日午前、東京都中央区の日本橋高島屋
「第53回現代女流書100人展」を鑑賞される高円宮妃久子さま=16日午前、東京都中央区の日本橋高島屋

久子さまは漢字や仮名文字を使って表現された作品を前に「きれいな字ですね」「音楽を聴いているみたい」と話しながら、時折のぞき込むようにして熱心にご覧に。案内を担当した同展運営委員の金竹秋苑(しゅうえん)さんによると、久子さまは「水をはじく紙を使っているのかしら」と、筆や紙、作品に押す印などについても関心を持たれていたという。

【皇室ウイークリー】は毎週金曜日、「産経ニュース」に掲載している企画です。ニュース紙面ではあまり触れられない各宮家のご活動や、上皇ご夫妻のご様子を含め、宮内庁担当記者が皇室の1週間を振り返ります。紙面で掲載できなかった写真もご紹介しています。さらに「皇室ウイークリー」だけのために撮影した写真も、アップしています。

また皇室のご動静は、産経新聞社が取材協力している扶桑社の季刊誌『皇室 Our Imperial Family』でも、詳しくご紹介しています。

会員限定記事会員サービス詳細