大阪市長、ワクチン担当相にファイザー追加供給を要請

堀内詔子ワクチン担当相とオンラインで会談する大阪市の松井一郎市長=18日、大阪市役所
堀内詔子ワクチン担当相とオンラインで会談する大阪市の松井一郎市長=18日、大阪市役所

大阪市の松井一郎市長は18日、堀内詔子ワクチン担当相とオンラインで会談し、新型コロナウイルスワクチンの3回目接種をめぐり、接種希望者の需要が高いとして米ファイザー製ワクチンを追加供給するよう要請した。

堀内氏は「大阪市など主要都市での接種の加速は全国の接種スピードを底上げすることになる」と述べ、接種推進へ協力を求めた。

これに対し、松井氏は重症化リスクが高い高齢者について「国と協力して早期に3回目の接種ができるよう取り組みを進めたい」と答えた。その上で、副反応の強さや交差接種の不安からか、モデルナ製が敬遠されがちだとし、ファイザー製を早期に追加供給するよう要望した。

松井氏はまた、ワクチン接種を行う医療機関に配布される接種記録システム(VRS)用のタブレット端末も不足していると指摘した。

大阪市によると、個別接種を行う市内の医療機関は約1700施設あるが、端末が700台程度不足しているという。国が接種の進捗(しんちょく)を把握するには、医療機関や自治体によるシステムへの入力が必要となる。

会員限定記事会員サービス詳細