山中でスマホ発見、失踪日から電波途絶える 京都不明女性殺人

京都府井手町で約5年前に行方不明になった女性=当時(19)=を殺害したとして、交際相手だった男が逮捕された事件で、男が「彼女を車の中で殺害し、そのまま山に運んで道路から投げ捨てた」と供述していることが18日、捜査関係者への取材で分かった。京都府警の山中での捜索で、女性のものとみられるスマートフォンが見つかり、行方不明になった日に電波が途絶えていたことも判明。府警は、男の犯行の裏付けの一つになるとみて調べている。

府警は16日、平成28年10月22日ごろに同町在住の女性を殺害したとする殺人容疑で、同町の会社員、末海征河(すえうみ・せいが)容疑者(25)を逮捕。遺体は見つかっておらず、府警は末海容疑者の供述をもとに、奈良市の若草山で捜索を行っている。

捜査関係者によると、2人は21日夜から22日未明ごろにかけて複数回口論し、末海容疑者はストレスがたまっていたとも説明。22日未明の口論の際に、末海容疑者が運転する車で外出してから女性は行方不明になったとみられる。

発見された女性のものとみられるスマホの電波は、女性が行方不明になったとされる22日に、この山の付近で途絶え、その後は確認されていないという。

府警は、末海容疑者が口論を繰り返した末に衝動的に犯行に及んだとみて捜査。スマホの状況は、末海容疑者の一連の行動の裏付けの一つになるとみて経緯を調べている。

会員限定記事会員サービス詳細