渡部暁斗「すごくうれしい」 複合団体28年ぶりメダル

ノルディックスキー複合男子団体のメダル授与式で、銅メダルを掲げる(左から)渡部暁斗、渡部善斗、永井秀昭、山本涼太=18日、張家口(共同)
ノルディックスキー複合男子団体のメダル授与式で、銅メダルを掲げる(左から)渡部暁斗、渡部善斗、永井秀昭、山本涼太=18日、張家口(共同)

北京冬季五輪のノルディックスキー複合男子団体のメダル授与式が18日、張家口で行われ、日本の渡部暁斗、渡部善斗(ともに北野建設)永井秀昭(岐阜日野自動車)山本涼太(長野日野自動車)が、笑顔で銅メダルを受け取った。会場ではチームスタッフらも見守り、渡部暁は「みんなでメダルをもらう瞬間を共有できた。すごくうれしい」と声を弾ませた。

日本が団体でメダルを獲得するのは28年ぶり。4人は肩を組み、誇らしげにメダルを掲げた。個人ラージヒルに続いて「銅」を手にした渡部暁は「みんなで取りたい気持ちが強くなってきていた。取れてよかった」と表情を緩めた。

兄弟でのメダル獲得となった渡部善は「重さを感じて実感が湧いた」。38歳の永井は「みんなの思いが詰まったメダル」と喜び、山本も「見た瞬間にうるっときた」と感激の面持ちだった。(共同)

競技一覧

会員限定記事会員サービス詳細