名古屋市、身寄りない13人火葬せず最長3年超放置

名古屋市が、身寄りがなく死亡した13人を火葬せず、最長3年4カ月間にわたり葬儀業者の保冷施設に放置していたことが18日、市への取材で分かった。担当者は「新型コロナウイルス関連の事務に追われていた」などと釈明しているという。市は職員らを処分する方針。

市によると13人は、相続人と相談するなどした結果、市が火葬すると決まっていた市民。墓地埋葬法は、火葬や埋葬を行う人がいない、あるいは判明しない場合、死亡地の市町村長が行うと規定している。

会員限定記事会員サービス詳細