中国で冷めない羽生〝愛〟 いち推し投票1位維持「国籍超える存在」

17日、北京の首都体育館前に集まった羽生結弦のファン(共同)
17日、北京の首都体育館前に集まった羽生結弦のファン(共同)

北京冬季五輪フィギュアスケート男子で4位となり、20日にエキシビションを控える羽生結弦(27)を一目見ようと、中国のファンが連日、北京の練習場の近くに集合。羽生〝愛〟が冷める様子はない。いち推しの五輪選手に投票する中国のサイトで2~10位を中国人選手が占める中、羽生が1位を維持している。

練習リンクで調整する羽生結弦=17日、北京(共同)
練習リンクで調整する羽生結弦=17日、北京(共同)

羽生は14日に練習を再開。エキシビションの会場となる首都体育館の出入り口付近では17日も50人以上のファンが「羽生結弦は私たちの宝物です」と日本語で書かれた紙や羽生が好む「くまのプーさん」の縫いぐるみなどを持って待ち構えた。

17日、北京の首都体育館前で羽生結弦を待つファンら(共同)
17日、北京の首都体育館前で羽生結弦を待つファンら(共同)

女子大学生の顧丹鈺さん(19)は会場入りする羽生に手を振り、うなずいてもらったといい「とても格好良かった。ユヅは政治や国籍を超える存在だ」と話した。(共同)

練習リンクで調整する羽生結弦=17日、北京(共同)
練習リンクで調整する羽生結弦=17日、北京(共同)

競技一覧

会員限定記事会員サービス詳細