バッハ会長がワリエワのコーチらを非難 「彼女を拒絶」

記者会見するIOCのバッハ会長=18日、北京(共同)
記者会見するIOCのバッハ会長=18日、北京(共同)

国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長が18日、北京冬季五輪の開幕後では初めて記者会見し、フィギュアスケート女子のカミラ・ワリエワ(ロシア・オリンピック委員会=ROC)に発覚したドーピング問題で、コーチら同選手の関係者を非難した。17日の女子フリー演技後の様子が「とても冷ややかな対応だった。彼女を拒絶しているように見えた」と指摘した。

テレビ観戦したというバッハ氏は「想像できないほどのプレッシャーだっただろう」とワリエワに同情。コーチ陣に対して選手が「安心感を持つことはできない」と懸念を示し、「私には正しい方向に進むことを祈るしかない」と述べた。

20日に閉幕が迫る大会は「成功」と総括。印象に残った場面として、スノーボード女子ビッグエアで大技に挑戦した岩渕麗楽(バートン)が失敗した後に各国の選手にたたえられたシーンを挙げ、「忘れられない瞬間」と述べた。

日本が3位に入ったフィギュア団体のメダル授与式を大会中に実施しない決定には「ジレンマがあった」と明らかにし、記念品として贈呈されることになった聖火リレーのトーチは「メダルの代わりでなく、協議を受け入れてくれた感謝の印だ」と強調した。(共同)

競技一覧

会員限定記事会員サービス詳細