京都府は子供・高齢者の施設での対策強化

学校などでの感染防止策を説明する京都府の西脇隆俊知事=府庁
学校などでの感染防止策を説明する京都府の西脇隆俊知事=府庁

京都府は18日、新型コロナウイルス対策本部会議を開き、蔓延(まんえん)防止等重点措置が3月6日まで延長されたことを受けた対策を決定した。措置の適用範囲は府内全域で、引き続き飲食店に営業時間短縮を要請する。

府は感染拡大リスクを軽減するため、学校に合唱などの自粛、保育園などへ児童の少人数グループ化、高齢者施設に感染防止などを求める。府内で発生しているクラスター(感染者集団)の7割以上をこれらの施設が占めている。

西脇隆俊知事は「新規感染者数は減少する兆しがあるが、依然として多い」と話した。

会員限定記事会員サービス詳細