「遊びの延長で」マンションから投石、男児2人を補導

大阪府警本部=大阪市中央区
大阪府警本部=大阪市中央区

マンション上階から敷地内の通路を歩いていた男児に石を投げたとして、大阪府警都島署は18日、府内に住むいずれも11歳の小学5年の男児2人を補導した。2人は被害者の男児と面識はなく、「上から石を投げれば驚くと思い、遊びの延長でやった」などと話しているという。

同署は今後、児童相談所に通告するか検討する。

2人は17日午後4時ごろ、大阪市都島区友渕町のマンション上階から、敷地内の通路を歩いていた小学5年の男児(11)の前方に、約1~5センチの石3個を投げたという。男児には当たらず、けがはなかった。

同署によると、石を投げた男児の一人が父親に「自分が投げた」と話し、18日朝に付き添われて出頭した。

会員限定記事会員サービス詳細