YUKIAの洛中洛外

200年後の京都も映える?

はるか未来の京都の街は、どうなっているのだろうか。

昨秋、京都大近くにオープンしたカラオケボックス「ジャジャーンカラ京大BOX店」(左京区)。200年後の京都のカラオケをイメージし、デザインされた店内はSF映画の世界のようだ。

「サイバースペースルーム」と名づけられた一室では、煌々(こうこう)と輝く照明が壁面に映り込み、幻想的な雰囲気を演出していた。

写真映えする空間に、歌わず撮影のために利用する客もいるとか。ひと味違った京都にタイムスリップしてみてはいかがでしょうか。(文と写真 渡辺恭晃)

会員限定記事会員サービス詳細