乳児虐待死疑いで母逮捕 福岡・川崎町、脳に傷害か

松本亜里沙容疑者
松本亜里沙容疑者

福岡県川崎町で平成30年、生後11カ月だった長女を暴行して死亡させたとして、福岡県警は16日、傷害致死の疑いで母親の同県糸田町、パート従業員、松本亜里沙容疑者(25)を逮捕した。県警によると、容疑を否認している。県警は供述を明らかにしていない。

逮捕容疑は30年7月28日午前、同県川崎町川崎の当時住んでいた自宅か周辺で、長女の笑乃ちゃんの頭部に強い衝撃を与える何らかの暴行を加え、急性硬膜下血腫などで死亡させたとしている。

捜査関係者によると、県警は笑乃ちゃんを床に落としたとみている。松本容疑者はこれまでの任意の調べに「誤って床に落としてしまった」と説明していた。

会員限定記事会員サービス詳細