岡山虐待、児相の対応検証へ 18日に有識者会議

虐待の現場となった家の前で手を合わせる男性=岡山市
虐待の現場となった家の前で手を合わせる男性=岡山市

1月に6歳で死亡した岡山市北区の西田真愛ちゃんが昨年9月、鍋の中に長時間立たされるなどした虐待事件を受け、岡山市は16日、有識者による第1回の検証会議を18日に開催すると発表した。市こども総合相談所(児童相談所)の対応に問題がなかったかどうかなどを検証する。

弁護士や医師らで構成する市の児童福祉審議会の分科会として検証する。18日はスケジュールや検証方法などを確認する予定。

事件では、強要容疑で真愛ちゃんの母親の彩容疑者(34)と、交際相手の船橋誠二容疑者(38)が逮捕された。児相は令和2年9月、船橋容疑者が真愛ちゃんを叱責しているとの通告を受けて一時保護したが、同容疑者が反省を示したことなどから2週間で解除していた。

会員限定記事会員サービス詳細