切り付けたのは元クラスメイト 逃走の中2逮捕へ

三重県名張市の市立中学校で2年の男子生徒(14)が包丁で切り付けられ軽傷を負った事件で、三重県警は16日午後、切り付けて逃げたとみられる同学年の男子生徒(14)を市内で確保した。名張署が事情を聴いており、傷害容疑で逮捕する方針。

同署などによると、2人は1年の時に同じクラスだったが、現在は違うという。名張市教育委員会は同日夕に会見し、2人の間でのいじめやトラブルは把握していないと説明した。

事件は16日午前9時50分ごろ、休み時間中に校舎2階の廊下で発生。被害生徒は首を後ろから切り付けられたとみられ、全治5日の軽傷を負った。刃渡り約13センチの包丁が現場付近で見つかった。

県警の捜査員が同日午後、男子生徒を市内の路上で発見。素直に職務質問に応じたという。

会員限定記事会員サービス詳細