「反日」主導の韓国抗日団体トップ 横領容疑で辞意

韓国光復会の金元雄会長(光復会のホームページから)
韓国光復会の金元雄会長(光復会のホームページから)

【ソウル=桜井紀雄】日本統治時代の抗日独立運動家の子孫らからなる韓国の団体「光復会」の金元雄(キム・ウォヌン)会長は16日、会の資金を横領した疑いの発覚を受けて辞意を表明した。金氏は極端な「反日」主張や保守派を「親日」と決め付けて糾弾する行き過ぎた言動で物議を醸し、以前から辞任を求める声が相次いでいた。

韓国では、元慰安婦支援団体のトップを務め、反日的な言動で知られた与党系国会議員の尹美香(ユン・ミヒャン)被告が寄付金流用などの罪で起訴され、公判中だ。反日世論をたきつける裏で不正に手を染めていたとされる共通点から、保守系野党は、金氏を「第二の尹美香」だと批判している。

金氏は、奨学金支給に充てるとの名目で国会で運営してきたカフェの収益金で裏金7千万ウォン(約680万円)余りを作り、一部を自身の衣装や理髪代、マッサージ費に流用していた疑いが持たれている。会の施設を親族の会社に勝手に使わせていた疑惑もある。会の元幹部の訴えを受けて政府機関が監査した。今後は警察が本格的に捜査する。

金氏は日本統治からの解放を記念する8月15日の「光復節」の政府式典などで出席者を代表して演説してきた。だが、初代大統領の李承晩(イ・スンマン)氏を「親日派と結託した」と断罪したり、韓国国歌は「民族反逆者が作曲した」と批判したりする内容の演説を繰り返し、野党や保守層から「親日」という尺度で社会の分断を図ろうとしていると激しい反発が上がっていた。

会員限定記事会員サービス詳細