維新、候補者に保育料補助 参院選、月額上限20万円

日本維新の会は16日、子育てをしながら夏の参院選に立候補する候補者に対し、ベビーシッターや一時保育の利用料を補助すると発表した。月額上限20万円、最長2カ月間で調整している。馬場伸幸共同代表は記者会見で「女性や子育て中の方が政治家を目指す際の負担を軽減したい」と狙いを語った。

令和5年の統一地方選の候補者にも同様の手当てを用意するかどうか検討する。

会員限定記事会員サービス詳細