遅寝の子にADHD症状 誤診恐れも 名古屋大

午後10時より後に寝る子供は、じっとしていられず集中力を持続できないといった「注意欠陥多動性障害(ADHD)」の症状が出やすいとの研究結果を、名古屋大と浜松医大のチームが米医学誌に発表した。遅寝の子供がADHDと誤診されている恐れがあるという。高橋長秀・名古屋大病院准教授(児童精神医学)は「診察時は睡眠習慣も丁寧に聞き取る必要がある。早く寝るだけで症状が改善するケースもあるのではないか」と話している。

ADHDは発達障害の一つで、18歳以下の約5%にみられるとの報告がある。さまざまな遺伝子変異が発症に関わるが、眠気に伴う衝動性や不注意が診断に影響する可能性が指摘されていた。

浜松医大の疫学研究に出生時から参加している8~9歳の835人のゲノム(全遺伝情報)や睡眠習慣を調査。ADHDに関連する症状の程度を得点化し、比較した。寝る時間が午後10時より遅い子供は得点が高かった。遺伝的にはADHDになりにくい子供で顕著だという。睡眠時間や眠るまでにかかる時間は症状と関連がみられなかった。

会員限定記事会員サービス詳細