令和3年分の確定申告始まる e―Tax利用呼び掛け

令和3年分の所得税の確定申告受け付けが16日、全国の税務署などで始まった。国税庁は新型コロナウイルスの感染リスクを減らすため、自宅などからパソコンやスマートフォンで申告できる国税電子申告・納税システム(e―Tax)の利用を呼び掛けている。

所得税の申告期限は3月15日だが、国税庁は新型コロナの影響で期限内の申告が難しい人を対象に、4月15日まで簡易な方法での延長を認める。延長する場合、書類の余白やe―Taxの特記事項欄に新型コロナの影響であることを記載する。

確定申告は自営業者などの個人事業者や、年間給与が2千万円を超えるサラリーマン、給与以外の所得が20万円を超える人らが対象。税務署や特設会場で相談しながら申告する場合には入場整理券が必要で、各会場で当日配布する他、国税庁のLINE(ライン)公式アカウントを通じて事前発行もしている。

会員限定記事会員サービス詳細