ただ一人のアルペン男子代表、憧れの先輩に健闘誓う 回転の小山陽平

初の五輪に臨むアルペンスキー男子の小山陽平。日本勢66年ぶりの表彰台を狙う=1月25日、オーストリア・シュラートミング(ゲッティ=共同)
初の五輪に臨むアルペンスキー男子の小山陽平。日本勢66年ぶりの表彰台を狙う=1月25日、オーストリア・シュラートミング(ゲッティ=共同)

冬季五輪の華ともいわれるアルペンスキーで、日本男子ただ一人の北京大会代表、小山陽平(23)=ベネフィット・ワン=が16日の回転に出場する。「チャンスはある。集中して滑りたい」。初の五輪にも臆することなく海外の強豪に挑む。

アルペンスキーはコース上の旗門を通過し、コブや斜面変化を攻略しながらタイムを競う競技で、「スピード系」と呼ばれる滑降とスーパー大回転、高度なターンが見せ場となる「技術系」の大回転と回転がある。日本ではなじみは薄いが、欧米では人気が高く、アルベルト・トンバ(イタリア)、ヘルマン・マイヤー(オーストリア)ら世界的スターが生まれている。

小山は昨年12月のワールドカップ(W杯)回転第2戦で日本勢として5季ぶりの1桁順位となる8位に入り、五輪代表を勝ち取った。それまでW杯得点(30位以内)の経験が一度もなかった中での快挙に「やるべきことをやれば、ちゃんと結果は付いてくる」と自信を深めた。

石川県出身。スキーの強豪として知られる北海道・双葉高(現小樽双葉高)に進んで腕を磨き、2016年冬季ユース五輪で大回転の銀メダルを獲得。17年には世界選手権に出場するなど国際経験は豊富だ。

競技者として背中を追ってきたのは前回の平昌(ピョンチャン)大会まで日本のエースだった湯浅直樹(38)=シーハイルアカデミー。W杯最高成績3位、06年トリノ五輪は7位で、4位の皆川賢太郎とともに入賞を果たした。その憧れの先輩は1月下旬に今季限りでの引退を表明。小山は「後釜といったらおこがましいが、湯浅さんみたいになりたい」と覚悟を見せる。

果敢に攻める滑りが持ち味の小山陽平。北京の人工雪の難コースに挑む=1月25日、オーストリア・シュラートミング(ゲッティ=共同)
果敢に攻める滑りが持ち味の小山陽平。北京の人工雪の難コースに挑む=1月25日、オーストリア・シュラートミング(ゲッティ=共同)

五輪のアルペンスキーは日本勢が冬季五輪で初めてメダルを獲得した種目だ。1956年コルティナダンペッツォ(イタリア)大会で猪谷(いがや)千春が男子回転で銀メダル。しかし、近年はトリノで皆川、湯浅が入賞した以外は1桁順位はなく、厳しい状況が続いている。湯浅は後輩に対して「世界のトップは、とんでもない身体能力の持ち主が命を懸けてやっている。そういう覚悟があるかだ」と説く。

選考会に落ちて代表になれなかった平昌大会から4年。悔しさをバネに大きく成長した日本のホープは「日頃から応援してくださっている方々への感謝を忘れずに、五輪という舞台を楽しめたら」。周囲の期待を背負い、雪上に立つ。

競技一覧

北京五輪ランキング

  1. フィギュア紀平が五輪絶望 全日本欠場へ

  2. 声援禁止ルールはどこへ 五輪会場で感じる中国式法治の本質

  3. 北京五輪開閉会式、NHKキャスターに廣瀬アナ

  4. ワリエワ、失意の終幕 坂本「見るのがつらかった」 ドーピング問題渦中

  5. ロシアとベラルーシ選手の参加一転認めず IPC発表

  6. ワリエワから3種の治療薬 「極めて異例」と米紙報道

  7. 羽生“お姫様抱っこ”で締めくくり ファン大歓声 フィギュア・エキシビション

  8. 「防弾氷」でけが人続出 北京五輪、硬い人工雪のリスク

  9. 日本、銀メダル スピードスケート女子団体追い抜き

  10. 「デジタル人民元」アプリ配信開始 北京五輪開幕1カ月前

会員限定記事会員サービス詳細