都心初、犬と泊まれる「イヌモ」25日オープン ドッグランも完備

愛犬と寝ながらくつろげるタイプの部屋(最大4人)。ベッド4台を並べて大きな1台とし、小型犬が足を挟まないよう1枚のシーツで覆われている=15日、東京都港区
愛犬と寝ながらくつろげるタイプの部屋(最大4人)。ベッド4台を並べて大きな1台とし、小型犬が足を挟まないよう1枚のシーツで覆われている=15日、東京都港区

愛犬との東京都心の旅を身近に-。住友不動産ヴィラフォンテーヌ(東京)は、愛犬家をターゲットにしたホテルを東京都港区で2月25日にオープンする。ドッグランや犬向けの美容サロンなどが完備され、犬の一時預かりサービスも提供。新型コロナウイルス禍で訪日外国人観光客などが大幅減となる中、新たな需要を取り込みたい考えだ。

ホテルの名称は「inumo(イヌモ)芝公園 by Villa Fontaine」。同社によると、愛犬同伴の利用客に特化したサービスのホテル開業は都心部で初めてという。開業に先立ち15日に宿泊予約受け付けを始めた。

全館を愛犬とともに歩くことができるほか、客室は一緒に眠れるよう4つのベッドをつなげた部屋なども用意され、散歩用グッズや消臭スプレーといった愛犬向けアメニティグッズも置かれている。

また、地下1階は愛犬専用フロアとし、全天候型のドッグラン、トリミングやグルーミングといった美容サービスを提供するサロンのほか、買い物や観光で愛犬と行動できない場所に行くときのための一時預かりスペースも設置。レストランでは犬専用のメニューも提供されるなど至れり尽くせりだ。

料金は朝食(犬用込み)やドッグラン、グルーミング、一時預かりサービスを含め4万円後半から5万円台。別料金で夕食やトリミングサービス、貸し切りラウンジも利用できる。

15日のメディア向け内覧会で桝井俊幸社長は「まだまだホテルを取り巻く環境は厳しい。既存のホテルをリニューアルし、新しいホテルの在り方を追求していく」と語った。

会員限定記事会員サービス詳細